ドイツ 4号駆逐戦車 ラング (プラモデル)

タミヤ   1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ   No.088   スケール:1/35

当店税込価格 ¥ 2,138 (メーカー希望小売価格 2,376



タグ: 4号駆逐戦車 ラング L70V  4号駆逐戦車 ラング L48  Sd.Kfz.162/1 4号駆逐戦車/70V ラング  4号駆逐戦車  4号戦車車台  WW2 ドイツ 駆逐戦車  WW2 ドイツ 自走砲  
ドイツ 4号駆逐戦車 ラング プラモデル (タミヤ 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.088) 商品画像

「ドイツ 4号駆逐戦車 ラング プラモデル (タミヤ 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ  No.088 )」です

●「ドイツ 4号駆逐戦車 ラング」です

●第2次世界大戦時におけるドイツ軍の駆逐戦車「4号駆逐戦車 ラング」を1/35スケールで再現したプラスチックモデル組立てキット

●ドイツ軍の駆逐戦車の基本スタイルを確立した「4号駆逐戦車 ラング」を再現、低く地を這うシルエットに、傾斜装甲を大幅に採り入れた独特のフォルムが表現されています

【 「4号駆逐戦車」について 】


●ドイツ軍は、第2次世界大戦に向けて各種戦車の開発を行いましたが、それと合わせて歩兵直協用の戦闘車両「突撃砲」の開発も進められていました

●この「突撃砲」は、「3号戦車」の車体をベースとして、戦闘室に直接主砲を搭載、砲塔を持たない関係でシルエットが低く、無砲塔による重量の軽減により、戦車よりも装甲が強化されているのが特徴となっています

●「突撃砲」は、前述のように歩兵直協用車両として運用されましたが、一方で、その低いシルエットと高い防御力、そして主砲の攻撃力の強さ(砲塔に搭載する方式よりも大型の火砲を搭載することができました)によって対戦車兵器としても有用なことが認められます
●特に、東部戦線では「T-34」などのソ連軍の優秀な戦車と対峙するドイツ軍にとって、対戦車能力に優れた戦闘車両が求められており、「突撃砲」は主砲が長砲身砲に変更されるなど、徐々に対戦車車両としての性格が強くなって行きました

●この「突撃砲」を、更に対戦車任務に特化させた車両の開発が行われ、「4号戦車」の車体をベースとした「4号駆逐戦車」が登場します
●この「4号駆逐戦車」は、「突撃砲」の車体レイアウトを踏襲しながら、各部の装甲には傾斜装甲を採用、従来の「突撃砲」よりも優れた防御力を誇りました
●同車は、1943年の中頃にモックアップの戦闘室を載せた試作車が完成、1944年1月から量産型の生産が開始されています

●ただ、「4号駆逐戦車」に搭載された主砲は「48口径 75mm対戦車砲 Pak39」であり、この砲は「4号戦車」の長砲身型と同じ威力で、無砲塔式の駆逐戦車としてはより大型の砲を搭載することが望まれました
●ところが、大型の主砲として搭載が予定されていた「70口径 75mm戦車砲 KwK42」は、同砲を装備する「パンター戦車」に搭載が優先され、結局この「70口径 75mm戦車砲 KwK42」を搭載した「4号駆逐戦車」が1944年8月から生産されています
 ・ 「48口径 75mm対戦車砲 Pak39」を搭載したタイプは「4号駆逐戦車/48」、「70口径 75mm戦車砲 KwK42」を搭載したタイプは「4号駆逐戦車/70(V)」と呼ばれています
 ・ 「4号駆逐戦車/70(V)」の「(V)」は、生産工場である「フォマーク」社を示すものであり、「アルケット」社で生産された「4号戦車」の車体に「4号駆逐戦車」の戦闘室をそのまま搭載したタイプ「4号駆逐戦車/70(A)」と区別するために付けられているものです
 ・ また、「4号駆逐戦車/70(V)」は、その長砲身砲を装備する姿から「ラング」という名称でも呼ばれています

●「4号駆逐戦車/48」は1944年6月のノルマンディ戦頃から、「4号駆逐戦車/70(V)」は1944年末のアルデンヌ戦頃から実戦に投入、その優れた対戦車能力と防御力から連合軍戦車を相手に活躍し、多くの戦車を撃破する戦果を挙げます
●特に「4号駆逐戦車/70(V)」は、大戦末期におけるドイツ軍の対戦車戦闘の中核車両を占めるようになり、その強力な主砲火力により連合軍戦車部隊を苦しめたのです

ドイツ 4号駆逐戦車 ラングの商品画像

【 「ドイツ 4号駆逐戦車 ラング」のキット内容について 】


●このドイツ軍の駆逐戦車「4号駆逐戦車」を再現したプラスチックモデル組立てキットです

●第2次世界大戦後期でのドイツ軍の戦車駆逐部隊の主力となった「4号駆逐戦車」を再現、1970年代におけるタミヤMMシリーズの成長期の旧「4号戦車」シリーズをベースとして、タミヤらしいシャープでキレのあるモールドと、造形センスに優れた捉え方により、同車の特徴が表現されています

●現行のタミヤの新「4号戦車」シリーズや、他社のキットを比べると、細かなディテール面では劣る点もありますが、滑り止めパターンのないフェンダーや、装甲板の接合部表現や切断面の荒れ、そして戦闘室天板の分割表現など、「4号駆逐戦車」の特徴とポイントをしっかりと押さえており、タミヤらしいシャープな彫刻と相まって現在においても色褪せない魅力を持っています

●キットは、「48口径 75mm対戦車砲 Pak39」を搭載した「4号駆逐戦車/48」と、「70口径 75mm戦車砲 KwK42」を搭載した「4号駆逐戦車/70(V)」とを選択することができるコンバーチブルキットとなっています


●「4号駆逐戦車」は、「車体上部」「車体下部」「後部パネル」の3ブロックで構成されています

【 車体上部 】
●「48口径 75mm対戦車砲 Pak39」の砲身は、先端のマズルブレーキを含めて左右分割式、「70口径 75mm戦車砲 KwK42」の砲身は、砲身本体と砲口部分の2分割式となっています
 ・ この2種の砲身パーツを変更することで、「4号駆逐戦車/48」と「4号駆逐戦車/70(V)」とを選択します
 ・ 砲身は上下、左右に可動します

●車体上部は、戦闘室、エンジンデッキ、前部フェンダーを含めて一体成型されています
 ・ 後部パネル、後部フェンダー、エンジンデッキ側面の装甲パネル、戦闘室前面の機銃マウントカバーは別パーツです
 ・ 車長ハッチ、装填手ハッチは開閉可動式です
 ・ 砲隊鏡ハッチは別パーツで、開閉状態を選択できます
 ・ 戦闘室上部には「Sマイン発射機」が表現されています

●車載工具類は、固定具も含めてパーツ化されています
 ・ 予備履帯は、繋がった状態で再現

●側面のシュルツェンは、各1パーツで構成、シュルツェン架とのフックは別パーツです
 ・ シュルツェン架は、個別にパーツ化されています

【 車体下部 】
●車体下部は、バスタブ式に一体成型されています
 ・ 前部の装甲部は別パーツです
 ・ サスペンションユニットは各1パーツで再現、ダンパーは車体下部にモールドにて再現
 ・ 転輪、起動輪、誘導輪は左右分割式で、内蔵させるポリキャップにより可動します
 ・ 転輪は、全てゴム付きのタイプとなっています

【 履 帯 】
●履帯は、ポリ製のベルト式履帯が付属しています
 ・ ポリ製ですので、履帯を繋ぐ部分は焼き止め方式となります
 ・ 履帯は、接地部分に滑り止めパターンが付いた「4号戦車」の後期型タイプとなっており、モデルカステン製「3/4号戦車 後期型用履帯 [タイプA] (可動式)」がこれに対応しています
 ・ ただし、「4号駆逐戦車/70(V)」の「中期型」以降は、軽量型となるモデルカステン製「4号戦車用 履帯 最後期型 (軽量型) (可動式)」の装着例が多くなります

【 後部パネル 】
●後部パネルは一体成型となっています
 ・ 牽引フック、誘導輪調整ナット、排気管装甲カバー、冷却水排出口蓋などがパーツ化
 ・ 排気管はステー部分も含めて4パーツで構成されています

【 フィギュア 】
●車長のフィギュアが1体付属しています
 ・ 両手で戦闘室天板を持ち、ハッチから上半身を出したポーズとなります
 ・ フィギュアの服装は、「M43野戦服」もしくは同デザインの迷彩服を着用、規格帽を被った姿です
 ・ フィギュアは、胴体、両腕のパーツ構成となっています

【 塗装とマーキング 】
●「4号駆逐戦車」のマーキングとして、ドイツ軍仕様となる2種類の塗装例が説明書に記載されており、師団マーク、戦術マーク、国籍マーク、車体番号などを再現したデカールが付属しています


●1976年 一部新金型

------------------------------------------------------------

【 「ドイツ 4号駆逐戦車 ラング」のワンポイント 】


●キットは1976年に発売されたものであり、初版の「4号戦車H型」のキットをベースとしています

●この「4号駆逐戦車」のキットは、タミヤの「4号戦車」シリーズのリニューアル化に追従することなく、発売当時のままの状態で定番化されていますが、タミヤらしいシャープなモールドとかっちりとした造形、そして初版ならではのパーツの少なさにより現在においても色褪せない魅力を持っています
●特に、他社製の「4号戦車」シリーズはパーツ数が膨大なキットが多く、手軽に「4号駆逐戦車」を楽しみたいユーザーや、自身のペースによるディテールアップを楽しみたいユーザーにお勧めするキットです

●キットの開発の時期では、「4号駆逐戦車」自体がマイナーな存在であり、生産時期などによる細部の違いの研究は1990年代頃からとなっています
●現在の資料による各タイプの留意点を以下に示しておきます
 ・ ただし、このような細かなディテールに関しては、考証を重視するユーザー向けですので、気にすることなく模型としてのキットを楽しむというのも一興でしょう

「4号駆逐戦車/48」
●ドイツ軍では、1943年9月から1944年8月までに生産された車両には対磁気地雷用の「ツィンメリットコーティング」が施されました
●「4号駆逐戦車/48」の生産は1944年1月からで、「4号駆逐戦車/70(V)」の生産が開始された1944年8月以降も平行して生産が継続され、同年11月まで作られています
●このため、「4号駆逐戦車/48」では多くの車両が「ツィンメリットコーティング」が施されており、特にノルマンディ戦においては基本的に全ての車両のコーティングが塗られていました
●「ツィンメリットコーティング」の施行方法に関しては、タミヤ社製「ドイツ 重駆逐戦車 エレファント」のページのワンポイントを参照して下さい

「4号駆逐戦車/70(V)」
●キットは、横型の大型マフラー、ゴム付き転輪を全て装備、滑り止めパターンが付いた履帯を装着した「4号駆逐戦車/70(V)」の「初期型」(1944年8月生産分)が表現されています
 ・ 1944年9月からは前方の片側2つの転輪は鋼製転輪へと変更、後には縦型のマフラー、軽量型履帯の装着などの変更が行われています

●この「初期型」の生産時期には上記と同様に「ツィンメリットコーティング」が施されていました
●一応、車体側面のシュルツェンは標準装備でしたが、徐々に資材節約のために装着されていない車両が多くなって行きます(シュルツェン架」はそのまま付けられています)
●キットの説明書には、部隊マークと戦術マークを貼り付ける指示がありますが、「4号駆逐戦車/70(V)」が生産された大戦後期においてはそのようなマークはほとんど描かれることなく、国籍マークと車両番号のみを貼る方がよりリアルとなることでしょう
ドイツ 4号駆逐戦車 ラング プラモデル (タミヤ 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.088) 商品画像_1 ドイツ 4号駆逐戦車 ラング プラモデル (タミヤ 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.088) 商品画像_2 ドイツ 4号駆逐戦車 ラング プラモデル (タミヤ 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.088) 商品画像_3 ドイツ 4号駆逐戦車 ラング プラモデル (タミヤ 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.088) 商品画像_4

ドイツ 4号駆逐戦車 ラング  (プラモデル)

タミヤ   1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ   No.088   スケール:1/35

当店税込価格 ¥2,138 (メーカー希望小売価格 ¥2,138


< タミヤ 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ イギリス L.R.D.G. コマンドカー   タミヤ 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ アメリカ MPセット (軍用ハーレー付) >

通販ガイド
通販のご利用方法の詳しくは、コチラより「ご利用ガイド」
関連商品
       
ご一緒にどうぞ
ドイツ 4号駆逐戦車 A-0型 w/装甲教導師団 装甲擲弾兵

ドイツ 4号駆逐戦車 A-0型 w/装甲教導師団 装甲擲弾兵

 サイバーホビー  1/35 AFVシリーズ (Super Value Pack)
¥3,402
ドイツ 4号戦車 H型 (初期型)

ドイツ 4号戦車 H型 (初期型)

 タミヤ  1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ
¥3,790
3/4号戦車 後期型用履帯 (タイプA) (可動式)

3/4号戦車 後期型用履帯 (タイプA) (可動式)

 モデルカステン  連結可動履帯 SKシリーズ
¥4,104
4号戦車用 履帯 最後期型 (計量型) (可動式)

4号戦車用 履帯 最後期型 (計量型) (可動式)

 モデルカステン  連結可動履帯 SKシリーズ
¥3,591
陸上自衛隊 16式機動戦闘車

陸上自衛隊 16式機動戦闘車

 タミヤ  1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ
¥4,665
フランス主力戦車 ルクレール シリーズ 2

フランス主力戦車 ルクレール シリーズ 2

 タミヤ  1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ
¥4,471
アメリカ軽戦車 M3 スチュアート 後期型

アメリカ軽戦車 M3 スチュアート 後期型

 タミヤ  1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ
¥2,916
ドイツ国防軍 戦車兵セット

ドイツ国防軍 戦車兵セット

 タミヤ  1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ
¥1,360
ドイツ 自走榴弾砲 ヴェスペ イタリア戦線

ドイツ 自走榴弾砲 ヴェスペ イタリア戦線

 タミヤ  1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ
¥3,499
ドイツ 突撃工兵チーム ゴリアテセット

ドイツ 突撃工兵チーム ゴリアテセット

 タミヤ  1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ
¥1,360
アメリカ戦車 M4A3E8 シャーマン イージーエイト (朝鮮戦争)

アメリカ戦車 M4A3E8 シャーマン イージーエイト (朝鮮戦争)

 タミヤ  1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ
¥3,888
イギリス 対戦車自走砲 アーチャー

イギリス 対戦車自走砲 アーチャー

 タミヤ  1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ
¥4,082
フランス中戦車 ソミュア S35

フランス中戦車 ソミュア S35

 タミヤ  1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ
¥3,693
ドイツ 4号突撃戦車 ブルムベア 後期型

ドイツ 4号突撃戦車 ブルムベア 後期型

 タミヤ  1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ
¥3,888
ドイツ 8トン ハーフトラック Sd.kfz.7

ドイツ 8トン ハーフトラック Sd.kfz.7

 タミヤ  1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ
¥2,721
TOPページへ
AFV 飛行機ページへ 艦船ページへ 自動車ページへ バイクページへ ガンダムページへ キャラクターページへ ミニカーページへ その他ページへ
塗料ページへ 工具ページへ プラ材ページへ ケースページへ
書籍ページへ
メーカー一覧のページはこちら ICM IBG Avioni-X(アヴィオニクス) アオシマ アカデミー アズール アスカモデル アベール アルパイン イージーモデル イカロス出版 イタレリ ウインザー&ニュートン ウェーブ ウォーマスターズ エアテックス エアフィックス AFVクラブ amt エース FTF エフトイズ エブロ エレール オルファ
ガイアノーツ 紙でコロコロ キティホーク キネテック ガリレオ出版 グランドパワー グレートウォールホビー 月世 サテライトツールス ゲンブンマガジン ゴールドメダルモデルズ コトブキヤ
サイバーホビー さんけい みにちゅあーと GSIクレオス シールズモデル 静岡模型協同組合 シミラー(similR) シモムラアレック スイート(SWEET) スジボリ堂 スタジオ27・タブデザイン スペシャルホビー ズベズダ(Zvezda)
ダイオパーク(diopark) 大日本絵画 タブデザイン・スタジオ27 タミヤ ディン・ハオ 童友社 トキソモデル(toxso_model) トミーテック トムスモデル ドラゴン トランペッター
ハセガワ ハセガワ バロムモデル バンダイ パンダホビー ヒートペン(十和田技研・ブレインファクトリー) BEEMAX ピットロード ファインモールド funtec(ファンテック) フィニッシャーズ フォックスモデル(FOX MODELS) フクヤ フジミ プラッツ ブロンコモデル(Bronco Models) ペガサスホビー BELKITS ヘルパ(herpa) ホーガンウイングス ポーラライツ ホビージャパン ホビーベース ホビーボス ホビーマスター
マコ マスターボックス マツオカステン ミニアート ミネシマ ミラージュホビー ミラーモデルズ メビウス メリットインターナショナル モデラーズ モデルアート モデルカステン モノクローム モノポスト モンモデル(MENG MODEL)
ユニモデル ユニモデル ライオンロア(LionRoar) らいとすたっふ ラウペンモデル リッチモデル レベル ローデン



エムズレーダー エムズミーティング

店舗ご案内 通販のご案内 送料について 通販法の表示
AFV 飛行機 艦船 自動車 バイク キャラクター ガンダム 塗料 工具 資材 ケース 書籍
TOP 通販のご利用方法
送料
通販法の表示
これまで見た商品 カートの中を見る 店舗案内