日本海軍 航空母艦 赤城 (プラモデル)

フジミ   艦NEXT   No.004   スケール:1/700

当店税込価格 ¥ 4,374 (メーカー希望小売価格 4,860



タグ: 航空母艦 赤城  艦NEXT 航空母艦 赤城  赤城 フルハル  日本海軍 航空母艦 赤城  航空母艦 赤城型  日本海軍の航空母艦  
日本海軍 航空母艦 赤城 プラモデル (フジミ 艦NEXT No.004) 商品画像

「日本海軍 航空母艦 赤城 プラモデル (フジミ 艦NEXT  No.004 )」です


●太平洋戦争時における日本海軍の「航空母艦 赤城」を1/700スケールで再現したプラスチックモデル組立キット。

●空母機動部隊の機動打撃力の威力を世界に知らしめた第1航空艦隊の旗艦の「航空母艦 赤城」を再現、スマートな巡洋戦艦の船体に2層式の格納庫を設けた、太平洋戦争開戦時の勇壮なフォルムを再現した内容となっています。

●フジミ社による艦船模型シリーズ「艦NEXT」シリーズの第4弾に位置するキットで、「船体」「飛行甲板」「船底」などの部分ごとに色分けして成型したパーツ構成と、接着剤不要のスナップフィット式の組み立て方法で「航空母艦 赤城」をフルハル仕様で再現。

●塗装せずとも、実感ある「航空母艦 赤城」を再現することが可能ですが、もちろん塗装をして完成させることもできます

●細分化したパーツ構成のフジミ社の「特シリーズ」の設計を下敷きにして、飛行甲板や上甲板部などを成型色で色分けした都合上、さらにパーツの分割が多くなり、1/700スケールの艦船模型としてはパーツ数が多くなっています
 ・ パーツ数は多いものの、各パーツの貼り合わせには極力ストレスがかからぬよう配慮し、接着剤を使わないので、コツコツと組み上げていけば色分けされた「航空母艦 赤城」を完成させることができます。
 ・ ただし、スナップフィットのキットは、ゲートなどが残っているとパーツ同士の組み合わせに歪みが生じてしまい、組立て続けるのが難しくなりますので、ニッパーとヤスリ類の使用は必須とお考え下さい、パーツの切り離しの際に余ったゲート部分などの処理、整形には充分な労力を費やす必要があるでしょう。

日本海軍 航空母艦 赤城 (フジミ 艦NEXT No.004) の商品画像

【 日本海軍 航空母艦 赤城 (フジミ 艦NEXT No.004) プラモデルの内容 】


●大日本帝国海軍の「航空母艦 赤城」の太平洋戦争開始時の姿を再現したプラスチックモデル組立キットです。

■ 航空母艦 赤城 概要
●細部に至るディテール表現を重視したフジミ社「特シリーズ」の設計を下敷きにしながら、構造ごとに色分けした成型色と接着剤不要のパーツ構成の「艦NEXT」シリーズとして、2016年の完全新規金型で「航空母艦 赤城」を再現、接着剤不要のスナップフィットキットながらディテール再現を重視した内容となっています。

●「日本海軍 航空母艦 赤城 開戦時 (フルハルモデル)」に付属していたシール類の構成を見直し内容を変更した改良版、キットパーツの構成には変更ありません。

●「航空母艦 赤城」は成型色で色分けしているので、塗装を行わなくても実艦イメージに近いカラーリングで組立てることができます。

●また、接着剤不要のスナップフィットですので、本格的な艦船模型となる「航空母艦 赤城」を楽しんで作製することが可能、艦船模型初級者からベテランユーザーに至るまで、日本海軍の航空母艦の象徴ともなった「航空母艦 赤城」の姿を楽しむことができることでしょう。

●「航空母艦 赤城」は各構造部ごとに色分けしたパーツ構成となっています
 ・ 船体、艦橋、艤装類 : グレー
 ・ 飛行甲板 : 木甲板色
 ・ 上甲板の一部 : リノリウム色
 ・ 船底部 : 艦底色
 ・ スクリュー : 黄褐色
 ・ 煙突トップ : ブラック
 ・ 艦載機 : 明るめのグレー(「零戦21型」「99式艦上爆撃機」)、濃いグリーン(97式艦上攻撃機)
 の成型色で色分けしています。

●艦底部も再現したフルハルモデルとなります
 ・ 洋上モデル用の平らな船底用パーツはセットしていませんが、フルハル用の船底パーツを取り付けないことで洋上モデルとすることも可能です。

日本海軍 航空母艦 赤城 (フジミ 艦NEXT No.004) の商品画像

■ 航空母艦 赤城 全体構造
●「航空母艦 赤城」は、「船体上部」「船底部」「飛行甲板」「艦橋などの上部構造物」「主砲などの艤装類」の各ブロックごとに分割して構成、各ブロックをそれぞれ個別に組み立てて、飛行甲板、構造物と艤装類を船体ブロックへと取り付けて完成させます。

●「赤城」の船体上部は格納庫内壁を含めて左右に分割したパーツで構成、これに船首、船尾甲板、飛行甲板などを取り付ける構成になっています。

●船体上部には、主砲マウントを一体成型化して再現。
 ・ 左右の船体パーツを接着する際、舷側部が歪まぬよう、船体輪郭形状のフレームパーツを挟み込んで組み立てます。
 ・ 格納庫の前端部を別パーツ化、格納庫後部は別ブロック化して再現、パーツ上には手摺り兼足掛けや前部の防水扉をモールド化して再現しています。
 ・ 船体の舷側には、「バルジ」「舷窓」「フェアリーダー」「塵捨管」「梯子」「舷外電路」などの細部を繊細なモールドで再現しています。
 ・ 「舷窓」の上部には「雨樋」を非常に繊細なモールドで再現しています。

●艦底部は一体成型化したパーツで再現。
 ・ 艦底に設置された「舵」(×2)、「スクリュー」(×4)、「推進軸」(×4)を別パーツ化して再現。
 ・ ビルジキールは船底パーツ上に凸モールド化して再現しています。

●上甲板は、船首部分、船尾部分、そしてボート収納デッキに分割して再現。
 ・ 甲板上には、「アンカーチェーン」「アンカーチェーン導板」「リール」「ボラード」「昇降口」などの細かなディテールをモールド化して再現しています。

●飛行甲板は2層化したパーツ構成、全通状に一体成型化した手甲甲板部に木甲板部を取り付ける構成。
 ・ 木甲板は伸縮継ぎ手の部分で分割した5(6)パーツで再現、エレベーターは別パーツ化しています。
 ・ 飛行甲板上には、「遮風棚」「着艦制動装置基部」「滑走制止装置基部」などを繊細なモールドで再現。
 ・ 飛行甲板裏側の特徴的な梁構造を凹凸をつけたモールドで再現、レールの一部を別パーツ化して立体感を演出しています。
 ・ 甲板前後に設置した飛行甲板支柱を個別にパーツ化、トラス構造などはパーツ上にモールド化して再現しています。

日本海軍 航空母艦 赤城 (フジミ 艦NEXT No.004) の商品画像

■ 航空母艦 赤城 の艦上構造物
●艦橋
 ・ 艦橋の主要部は3層に分割したパーツで再現。
 ・ 「艦橋窓枠」は「窓ガラス」の部分を一段凹んだ状態にして、立体感を演出しています。
 ・ 艦橋各部の「窓」「扉」などを繊細なモールドで再現。
 ・ 艦橋トップの「信号灯」はパーツ上に一体成型化して再現、「4.5m測距儀」は別パーツ化して再現しています。
 ・ 艦橋に装備する、「方位測定アンテナ」(×1)、「1.5m測距儀」(×1)、「60cm探照灯」(×2)、「双眼鏡」(×11)などを別パーツ化して再現しています。

●メインマスト
 ・ メインマストは一体成型のパーツで再現。
 ・ ボーナスパーツとして、前後に分割したパーツで構成されたメインマストも付属、このメインマストは接着剤を使用して組立てます。

●通信マスト
 ・ 通信マストは一体成型のパーツで再現、トラス構造をパーツ上にモールド化して再現しています。

● 煙突
 ・ 本体部分は上下に分割したパーツ構成、トップは別パーツ化、複雑な集合管の外部構造を表現しています。
 ・ 表面上には「手摺り兼足掛け」「梯子」「非常排煙装置」などを非常に繊細なモールドで再現。
 ・ 煙突内部の整流板はスケール感を損なわぬよう薄く成型したモールドで再現。

●左舷の円材置き場は4パーツに分割して再現、複雑な桁構造をスケールに沿って再現しています。

●機銃用スポンソンはブロックごとにパーツ化しており、下面の補強板は一体成型化をして1枚ずつ再現しています。
 ・ スポンソンの支柱は別パーツ化、日本の空母らしい複雑な支柱構造を再現しています。

●主砲塔 「50口径 3年式 20cm単装砲」 ×6
 ・ 砲塔は、砲身を含めた一体成型のパーツで再現、 砲身基部には防水カバーをモールドで再現しています。

●高角砲 「45口径 10年式 12cm連装高角砲」 ×6
 ・ 右舷は煙突の煙除けのシールド付きタイプ、左舷はシールド無しのタイプを再現。
 ・ シールド付きの高角砲は、連装状に成型した砲身とシールド部の2パーツに分割して再現。
 ・ シールド無しの高角砲も、連装状に成型した砲身と砲架部の2パーツに分割して再現しています。
 ・ 高角砲支筒は別パーツ化して複雑な形状をスケールに沿ったディテールで再現。

●対空機銃「25mm 連装機銃」 ×14
 ・ 機銃は一体成型化したパーツで再現しています。

●艦載機
 ・ 艦載機本体はプロペラも含めた一体成型のパーツで再現しています。
 ・ 機体の主脚にあたる部分はシンプルな凸モールドで再現していますが、主脚部のみを再現した別パーツ化も付属していますので、機体本体を加工した上で主脚パーツを交換することが可能です。
 ・ 爆装類のパーツは付属していません。

●艦載機内容
 ・ 零式艦上戦闘機 21型 ×3
 ・ 99式艦上爆撃機 ×3
 ・ 97式艦上攻撃機 ×3

●内火艇、カッターなど
 ・ 12m内火艇 ×2
 ・ 11m内火艇 ×1
 ・ 13m特型運搬船 ×2
 ・ 12m内火ランチ ×1
 ・ 大型カッター ×2
 ・ 中型カッター ×3
 ・ 小型カッター ×1

●その他の艤装を再現したパーツとして
 ・ 艦首、艦尾旗竿
 ・ 錨、副錨
 ・ 舷梯
 ・ 着艦指示灯
 ・ 探照灯
 などを別パーツ化して再現しています。

●以下のボーナスパーツが付属、取り付けの有無を選択できます(各ボーナスパーツの取り付けには接着剤を使用します)
 ・ メインマスト
 ・ 25mm単装機銃 ×4
 ・ 双眼鏡 ×28(艦橋部分を含む)
 ・ 艦載機の主脚

■ ディスプレイ台
●完成後に見栄え良く飾ることができるディスプレイ用の円形の飾り台を2個セット、「航空母艦 赤城」の前後2箇所に配置して完成した艦体をそのまま載せてディスプレイすることができます。
 ・ 飾り台はプラスチック製のパーツ、円形の台座部分にYの字型の飾り脚を取り付けるパーツ構成になっています。

 

【 日本海軍 航空母艦 赤城 (フジミ 艦NEXT No.004) 塗装とマーキング 】


●「塗装図・塗装ガイド」はパーツ成型色による仕上げを前提としているため付属していません。

●「航空母艦 赤城」用のマーキングとして水転写式のデカールとシールの2種をセット、お好みに応じて使用することができます
 ・「日本海軍 航空母艦 赤城 開戦時 (フルハルモデル)」に付属していたシールの内容を見直し、改良したパターンのシールをセットしています。

●付属シールの内容
 ・ ホイルシール(2枚) : 飛行甲板の各種表示線、「ア」の文字、着艦標識、リノリウム甲板、旗竿に掲げられる軍艦旗、カッター類の甲板部、主砲の防水布、艦載機の日の丸マークなど。
 ・ 2枚のシールのうち、日章旗、菊花紋章、カッター甲板部などをプリントしたものはパーツに馴染みやすいようやや薄眼のシールとなっています。
 ・ 透明シール : 艦載機用の日の丸は貼りやすく 見た目も目立たない透明シールとなっています。

●付属デカールの内容
 ・ デカール : 飛行甲板の各種表示線、「ア」の文字、着艦標識、艦載機の日の丸マークをプリントしています。

【 日本海軍 航空母艦 赤城 (フジミ 艦NEXT No.004) パッケージ内容 】


 ・ 航空母艦 赤城 ×1
 ・ 零式艦上戦闘機 21型 ×3
 ・ 99式艦上爆撃機 ×3
 ・ 97式艦上攻撃機 ×3
 ・ ディスプレイスタンド ×1
 ・ シールシート ×3
 ・ デカールシート ×1
 ・ 組立て説明書 ×1
 ・ 実艦解説&パーツ図 リーフレット ×1

●2017年 : 「日本海軍 航空母艦 赤城 開戦時 (フルハルモデル)」のシール内容を改め、品番を入れ替えたリニューアル版。
●2016年 完全新金型


【 日本海軍 航空母艦 赤城 について 】


●日露戦争後の海軍増強計画である「88艦隊」に従い建造が始まったのが巡洋戦艦「天城型」で、その2番艦である「赤城」は1920年12月に起工しました。
●しかし、「ワシントン軍縮会議」において主力艦の保有枠を定められたことから、日本海軍は建造中の主力艦の削減を決定、建造中の「赤城」は巡洋戦艦として完成することが認められず、航空母艦へと艦種を変更して建造を続けることになります。
●この時代、各国海軍における航空母艦の建造・運用は様々な試行錯誤が繰り返されており、我が国において「赤城」は「3段式甲板」を持つ特異な形状の航空母艦として設計、1928年に竣工します。

●この軍縮条約下の日本海軍は他の列強国と比べて戦艦などの主力艦艇の数が少なく、戦力の不利を補うため航空機による攻撃を世界に先駆け研究していました。
●洋上での航空機の運用を念頭に置いた上で、世界最初の純粋の航空母艦「鳳翔」(それまでに存在した航空母艦は改造したもの)を建造、続いて「赤城」「加賀」「飛龍」「蒼龍」などの航空母艦の建造を進めます。
●同時に、艦載機の性能も日進月歩で進み、当初の搭載されていた固定脚の複葉機から、単翼に、そして引き込み脚へと移り変わり、速度も増大、航空母艦の飛行甲板もより長さが必要となっていきます。
●これに対応するように3段甲板の「赤城」は、1938年に全通式の飛行甲板へと近代化改装が行なわれることになります。

●全通式の甲板を備えた「航空母艦 赤城」は、前身となった巡洋戦艦の能力を引き継いだ高速性を持ち、多くの艦載機を搭載でき、泰然とした威容をもって「第1航空艦隊」(別名「南雲機動部隊」)の旗艦となります。
●この「第1航空艦隊」は、空母を集中して運用するという日本海軍の新しい考え方から考案されたもので、「第1航空戦隊」の「赤城」「加賀」、「第2航空戦隊」の「飛龍」「蒼龍」、「第5航空戦隊」の「翔鶴」「瑞鶴」、そして護衛の艦隊を傘下に持ち、その艦載機による打撃力は、当時の列強国の艦隊とは比べ物とならない程の絶大な威力を秘めていました。
 ・ 当時それほど注目されなかったのは、航空機では戦艦などの強力な艦艇を沈めることはできないという大鑑巨砲主義が常識化していたからです。

●この「第1航空艦隊」は、1941年12月の真珠湾攻撃に参加し、多数の艦載機を運用した攻撃力の大きさを世界に示しました。
●「第1航空艦隊」は、続く「ポートダーウィン攻撃」「セイロン沖海戦」などにも参加、特に「セイロン沖海戦」では海上で航行するイギリスの巡洋艦に対し、航空攻撃が80パーセント以上の命中率を挙げるなど、移動目標に対して攻撃する搭乗員の練度の高さと、艦載機の優秀さを世界に誇る結果を表します。

●一大決戦となった1942年6月の「ミッドウェー作戦」では、「第1航空艦隊」は「第1航空戦隊」と「第2航空戦隊」の「赤城」を含む4隻の空母で参戦(「第5航空戦隊」は珊瑚海海戦による損害により不参加)、「大和」を主力とする砲戦隊の主力部隊の遥か前方に配置され、露払いの役割を務めます。
●しかし、この作戦は暗号解読に長けたアメリカ側に筒抜けであり、アメリカ海軍は3隻の空母中心に艦隊を編成、帝国海軍のミッドウェー攻略部隊を待ち受けます。

●「第1航空艦隊」は、ミッドウェー島のアメリカ軍の航空隊を殲滅する役割を持っており、戦闘開始当初は真珠湾以来の高い練度と、まだ優位を保っていた艦載機の性能でアメリカ軍側を圧倒していましたが、ミッドウェー島の攻撃とアメリカ軍の空母への攻撃とが錯綜してしまいます。
●アメリカ軍の航空機による攻撃は直衛の「零戦」によりことごとく阻止していましたが、アメリカ軍の急降下爆撃機「ドーントレス」は、雷撃機への対処で低空に移動した「零戦」の間隙を突き、日本空母へ爆弾攻撃を行います。

●この攻撃により「赤城」は2発の直撃弾を被弾、火災が発生し、発艦準備の中、搭載する艦載機と積載予定の爆弾、魚雷へと誘爆、手が付けられない状況となってしまいます。
●鎮火に努めたものの、回復にはもはや及ばず、「赤城」は味方の駆逐艦の魚雷によって処分され、その栄光の歴史に幕を閉じることとなりました。
●「赤城」の損失は日本海軍の緒戦の勝利の幕切れを示すものであり、「ミッドウェー海戦」は敗北で終わり、日本海軍はその後苦しい戦いを強いられることになるのです。
日本海軍 航空母艦 赤城 プラモデル (フジミ 艦NEXT No.004) 商品画像_1 日本海軍 航空母艦 赤城 プラモデル (フジミ 艦NEXT No.004) 商品画像_2 日本海軍 航空母艦 赤城 プラモデル (フジミ 艦NEXT No.004) 商品画像_3 日本海軍 航空母艦 赤城 プラモデル (フジミ 艦NEXT No.004) 商品画像_4

日本海軍 航空母艦 赤城  (プラモデル)

フジミ   艦NEXT   No.004   スケール:1/700

当店税込価格 ¥4,374 (メーカー希望小売価格 ¥4,374


< フジミ 艦名プレートシリーズ 日本海軍 戦艦 紀伊   フジミ 集める軍艦シリーズ 天一号作戦 第一遊撃部隊セット (大和/矢矧/駆逐艦8隻) >

通販ガイド
通販のご利用方法の詳しくは、コチラより「ご利用ガイド」
関連商品
       
ご一緒にどうぞ
艦NEXT 日本海軍 航空母艦 赤城 専用木甲板シール

艦NEXT 日本海軍 航空母艦 赤城 専用木甲板シール

 フジミ  1/700 グレードアップパーツシリーズ
¥2,332
日本海軍 航空母艦 赤城 フルハルバージョン

日本海軍 航空母艦 赤城 フルハルバージョン

 ハセガワ  1/700 ウォーターラインシリーズ フルハルスペシャル
¥3,693
日本航空母艦 赤城

日本航空母艦 赤城

 ハセガワ  1/700 ウォーターラインシリーズ
¥2,721
日本航空母艦 赤城 三段甲板

日本航空母艦 赤城 三段甲板

 ハセガワ  1/700 ウォーターラインシリーズ
¥3,499
航空母艦 赤城 ディテールアップ パーツ セット

航空母艦 赤城 ディテールアップ パーツ セット

 ハセガワ  ウォーターライン ディテールアップパーツ
¥6,026
日本海軍 航空母艦 赤城 DX エッチングパーツ付き

日本海軍 航空母艦 赤城 DX エッチングパーツ付き

 フジミ  艦NEXT
¥5,734
日本海軍 超弩級戦艦 大和 昭和16年/竣工時

日本海軍 超弩級戦艦 大和 昭和16年/竣工時

 フジミ  艦NEXT
¥4,276
日本海軍 陽炎型駆逐艦 不知火 / 秋雲 2隻セット 特別仕様 (エッチングパーツ付き)

日本海軍 陽炎型駆逐艦 不知火 / 秋雲 2隻セット 特別仕様 (エッチングパーツ付き)

 フジミ  艦NEXT
¥5,248
日本海軍 航空母艦 信濃 シースルー版

日本海軍 航空母艦 信濃 シースルー版

 フジミ  艦NEXT
¥4,665
日本海軍 戦艦 大和 DX エッチングパーツ付き

日本海軍 戦艦 大和 DX エッチングパーツ付き

 フジミ  艦NEXT
¥5,054
日本海軍 超弩級戦艦 武蔵 改装前

日本海軍 超弩級戦艦 武蔵 改装前

 フジミ  艦NEXT
¥4,276
日本海軍 陽炎型 駆逐艦 不知火/秋雲 2隻セット

日本海軍 陽炎型 駆逐艦 不知火/秋雲 2隻セット

 フジミ  艦NEXT
¥3,888
日本海軍 夕雲型 駆逐艦 夕雲/風雲

日本海軍 夕雲型 駆逐艦 夕雲/風雲

 フジミ  艦NEXT
¥4,082
日本海軍 超弩級戦艦 大和 金属パーツ・木甲板シール付き

日本海軍 超弩級戦艦 大和 金属パーツ・木甲板シール付き

 フジミ  艦NEXT
¥7,290
日本海軍 戦艦 紀伊 エッチグパーツ付き

日本海軍 戦艦 紀伊 エッチグパーツ付き

 フジミ  艦NEXT
¥5,443
TOPページへ
AFV 飛行機ページへ 艦船ページへ 自動車ページへ バイクページへ ガンダムページへ キャラクターページへ ミニカーページへ その他ページへ
塗料ページへ 工具ページへ プラ材ページへ ケースページへ
書籍ページへ
メーカー一覧のページはこちら ICM IBG Avioni-X(アヴィオニクス) アオシマ アカデミー アズール アスカモデル アベール アルパイン イージーモデル イカロス出版 イタレリ ウインザー&ニュートン ウェーブ ウォーマスターズ エアテックス エアフィックス AFVクラブ amt エース FTF エフトイズ エブロ エレール オルファ
ガイアノーツ 紙でコロコロ キティホーク キネテック ガリレオ出版 グランドパワー グレートウォールホビー 月世 サテライトツールス ゲンブンマガジン ゴールドメダルモデルズ コトブキヤ
サイバーホビー さんけい みにちゅあーと GSIクレオス シールズモデル 静岡模型協同組合 シミラー(similR) シモムラアレック スイート(SWEET) スジボリ堂 スタジオ27・タブデザイン スペシャルホビー ズベズダ(Zvezda)
ダイオパーク(diopark) 大日本絵画 タブデザイン・スタジオ27 タミヤ ディン・ハオ 童友社 トキソモデル(toxso_model) トミーテック トムスモデル ドラゴン トランペッター
ハセガワ ハセガワ バロムモデル バンダイ パンダホビー ヒートペン(十和田技研・ブレインファクトリー) BEEMAX ピットロード ファインモールド funtec(ファンテック) フィニッシャーズ フォックスモデル(FOX MODELS) フクヤ フジミ プラッツ ブロンコモデル(Bronco Models) ペガサスホビー BELKITS ヘルパ(herpa) ホーガンウイングス ポーラライツ ホビージャパン ホビーベース ホビーボス ホビーマスター
マコ マスターボックス マツオカステン ミニアート ミネシマ ミラージュホビー ミラーモデルズ メビウス メリットインターナショナル モデラーズ モデルアート モデルカステン モノクローム モノポスト モンモデル(MENG MODEL)
ユニモデル ユニモデル ライオンロア(LionRoar) らいとすたっふ ラウペンモデル リッチモデル レベル ローデン



エムズレーダー エムズミーティング

店舗ご案内 通販のご案内 送料について 通販法の表示
AFV 飛行機 艦船 自動車 バイク キャラクター ガンダム 塗料 工具 資材 ケース 書籍
TOP 通販のご利用方法
送料
通販法の表示
これまで見た商品 カートの中を見る 店舗案内