ドイツ オーストロ ダイムラー ADGZ 無線指揮型 (プラモデル)

アーゼナル   1/35 AFV   No.35504   スケール:1/35

当店税込価格 ¥ 15,844 (メーカー希望小売価格 17,604



タグ: ADGZ 無線指揮車  M35 中型装甲車 ADGZ  WW2 ドイツ 装輪装甲車  
ドイツ オーストロ ダイムラー ADGZ 無線指揮型 プラモデル (アーゼナル 1/35 AFV No.35504) 商品画像

「ドイツ オーストロ ダイムラー ADGZ 無線指揮型 プラモデル (アーゼナル 1/35 AFV  No.35504 )」です


●第2次世界大戦時におけるドイツ軍の8輪装甲車「ADGZ」の「無線指揮車型」を1/35スケールで再現したプラスチックモデル組立キット

●オーストリア製の8輪装甲車である「ADGZ」の「無線指揮車型」を再現、治安維持用として開発が行われた前後対称の車体を持つ特異なフォルムを再現した内容となっています

●アーゼナル社製「ドイツ オーストロ ダイムラー ADGZ 重装甲車 (8輪) 後期型 」をベースに、「無線指揮車型」を再現するために、フレームアンテナ、スターアンテナ、タイヤのホイール部分などの新規パーツを追加したバリエーションキットとなります

【 「オーストロ ダイムラー ADGZ 重装甲車」について 】


●第1次世界大戦後、敗戦国を中心としたヨーロッパでは、ロシア革命に影響を受けた急進的な左派勢力が台頭、それが影響して急進右派勢力も出現し、各地では勢力同士の武力闘争まで発展、混沌とした時代を迎えていました

●オーストリアは、第1次世界大戦までは「オーストリア・ハンガリー帝国」として中央ヨーロッパで強大な勢力を誇っていましたが、多民族国家として各民族に独立の気運が高まり、ベルサイユ条約によってオーストリア、ハンガリー、チェコスロバキア、ユーゴスラビアなどの国家に分裂します

●領土分割により小規模国家となったオーストリアでは、条約締結により従来の強力な軍隊は見る影もない状態となり、上記のようなヨーロッパ全体の趨勢から騒乱が絶えず、当面は国内の治安維持がその課題となりました

●1930年代初め、オーストリアは国境警備隊及び治安維持警察用の車両として装輪式装甲車の開発を開始、それにより「オーストロ・ダイムラー・プッフヴェルケ」社が1933年に開発したのが8輪装甲車「ADGZ」です
 ・ この「ADGZ」は、6輪型のトラックをベースとして、車体前部の機能を後部にも増設する形で8輪型へと変更、そのためエンジンは前後に2基搭載し、車体の前後に操縦席があるという変則的なレイアウトとなっています
 ・ 「ADGZ」の車体は均一な11mm厚の装甲板で覆われ、車体中央上部に装備した砲塔には「20mm機関砲KwK35」と機関銃が1門ずつ搭載していました

●オーストリアは、ドイツと同様にベルサイユ条約によりこのような装甲車両の保有を禁じられていましたが、1935年に条約を破棄、「ADGZ」の生産を開始します
●「ADGZ」は1937年まで生産が行われて27両が完成、治安警察や国軍に配備されました

●ところが、オーストリアは1938年にドイツへと併合、治安警察や国軍はドイツの同組織へと吸収され、「ADGZ」もドイツ軍が接収しています

●しかし、ドイツ国防軍では「ADGZ」はあくまでも治安維持用の車両として、野戦用の装甲車としての能力は低いと評価、部隊配備は行われませんでした

●一方、ナチス党の私兵集団として徐々に規模を拡大した武装親衛隊は、国軍である国防軍から武器の供給を渋られており、その武装親衛隊が注目し、装備としたのがこの「ADGZ」です
●「ADGZ」は第2次世界大戦初期における武装親衛隊の貴重な機甲戦力となりましたが、武装親衛隊にとっても野戦用の装甲車としての能力は低いという評価は変わらず、その使用は後方が中心で、前線で運用される機会は多くありませんでした

●武装親衛隊では、この「ADGZ」の更に25両追加生産、大戦中期以降はパルチザン掃討を目的としたSS警察連隊の警察戦車大隊用の車両として配備が行われています
 ・ ドイツの警察は1930年代後半から親衛隊の管轄下に置かれ、SS警察連隊は武装警察として治安維持活動に従事、大戦末期には通常の戦闘にも投入されました

●警察戦車大隊における「ADGZ」は、パルチザン側に対戦車兵器が少ないことから装甲車両として活躍、その任務性から終戦時においても相当数の「ADGZ」が現存していたのです


【 「ドイツ オーストロ ダイムラー ADGZ 無線指揮型」のキット内容について 】


●このドイツ軍の8輪装甲車「ADGZ」の「無線指揮車型」を再現したプラスチックモデル組立キットです

●東欧系メーカーとしての素朴さを覚えるモールドとパーツ構成により「ADGZ 無線指揮車型」を再現、ランナー上には各径のボルト類が成型、選択パーツとしての車載工具類も付属し、ユーザーのスキルによってディテールの付加を選択することができる内容となっています
 ・ エッチングパーツが多く、レジン製キットに近いパーツ構成ですので、上級者を対象としたキットとなります

●フレームアンテナを装備したタイプと、スターアンテナを装備したタイプとを選択して組み立てることができます


●「ADGZ 無線指揮車型」は、「砲塔」「車体上部」「車体下部」の3ブロックで構成しています

【 砲 塔 】
●「ADGZ」が装備するシンプルな構造の砲塔を再現、表面はパーツ表面はフラットな状態となっています

●「20mm機関砲 KwK35」の砲身は一体成型のパーツで再現
 ・ 「MG34機関銃」は、プラパーツの銃身部と、エッチングパーツによる放熱筒の2パーツで構成
 ・ 機関砲と機銃の防盾はそれぞれ一体成型のパーツで再現、マウント部を一体成型化した砲塔前面パネルに取り付けます

●砲塔は各パネルを箱組み状に貼り合せて作製します
 ・ 上部ハッチは砲塔とは別パーツ化していますが、分割ラインでパーツは分割しておらず、ハッチを閉めた状態でしか再現できません

【 車体上部 】
●一体成型化したパーツで「ADGZ」の車体上部を再現、これに各ディテールを取り付ける構成となっています

●車体上部は一体成型のパーツで再現
 ・ 側面のドアはモールドで再現、ヒンジは溝が彫られた棒状のパーツを切り出して作製します
 ・ エンジングリル部は別パーツ化、スリットのパネルを寝かした状態を再現しています
 ・ 前後の視察ハッチはエッチングパーツで再現
 ・ 「MG34機関銃」は、プラパーツの銃身部と、エッチングパーツによる放熱筒の2パーツで構成
 ・ 前照灯は、プラパーツによる前照灯本体と、エッチングパーツによる管制スリット部との2パーツで構成しています
 ・ 前部のナンバープレートはプラパーツ、後部のナンバープレートはエッチングパーツで再現
 ・ ジェリカンラックはエッチングパーツで再現、プラパーツによるジェリカン(×4)が付属しています
 ・ 排気管は4パーツで構成
 ・ 前部の3連のホーンは1本ずつ個別にパーツ化、基部は1パーツで再現しています
 ・ 車載工具類を再現したパーツが付属、装備の有無を選択して組み立てることができます

●「無線指揮車型」として、フレームアンテナとスターアンテナの2種のパーツをセット、選択して使用することができます
 ・ フレームアンテナは縦方向に3分割となったアンテナ本体を、1本ずつパーツ化した支柱に取り付けて作製します
 ・ 砲塔上部の支柱は中央部分で分割、挟み込むジョイントのパーツを接着しないことで砲塔を旋回可動とすることができます
 ・ スターアンテナはプラパーツによるアンテナ本体とアンテナマウント、そしてエッチングパーツによる先端の放射状パターン部で構成
 ・ 放射状パターン部は、棒状となったエッチングパーツを3枚重ね合わせて作製します

【 車体下部 】
●車体下部はパーツ数を抑えて再現、「ADGZ」特有のシングル式タイヤとダブル式タイヤが連なった構造を再現しています

●車体下部はバスタブ状に一体成型となったパーツで再現、前後のパネルは別パーツです
 ・ 前後のデファレンシャルは上下に分割したパーツで再現、デファレンシャルカバーはエッチングパーツとなります
 ・ 中央の駆動ユニット及びサスペンションは5パーツで構成
 ・ ステアリングは固定した状態となります

●タイヤはホイール部とゴムの部分とで構成、ゴムの部分は軟質素材製です
 ・ ゴムの部分には特徴的なトレッドパターンが再現されています

●視察ハッチ、ジェリカンラック、機銃の放熱筒、前照灯の管制カバー、スターアンテナなどを再現するエッチングパーツが付属しています


【 「オーストロ ダイムラー ADZG 無線指揮型」の塗装とマーキング 】
●「オーストロ ダイムラーADZG 無線指揮型」のマーキングとして、ドイツ軍仕様となる4種類の塗装例が説明書に記載されています
 ・ SS警察車両 (東部戦線 / 1942年)
 ・ 所属不明 (レーゲンスブルグ)
 ・ SS警察車両 (1942年~1945年)
 ・ SS第7山岳猟兵師団「プリンツオイゲン」 (ユーゴスラビア / 1943年)

●説明書の塗装例に基づく、国籍マーク、SS警察表示、パーソナルネーム、師団マーク、ナンバープレートなどを再現したデカールが付属しています


【 「ドイツ オーストロ ダイムラー ADGZ 無線指揮型」のパッケージ内容 】


 ・ 装甲車 ADGZ 無線指揮車型 ×1
 ・ エッチングシート ×2
 ・ デカールシート ×1
 ・ 組立て説明書 ×1


●2015年 一部新金型
ドイツ オーストロ ダイムラー ADGZ 無線指揮型 プラモデル (アーゼナル 1/35 AFV No.35504) 商品画像_1 ドイツ オーストロ ダイムラー ADGZ 無線指揮型 プラモデル (アーゼナル 1/35 AFV No.35504) 商品画像_2 ドイツ オーストロ ダイムラー ADGZ 無線指揮型 プラモデル (アーゼナル 1/35 AFV No.35504) 商品画像_3 ドイツ オーストロ ダイムラー ADGZ 無線指揮型 プラモデル (アーゼナル 1/35 AFV No.35504) 商品画像_4

ドイツ オーストロ ダイムラー ADGZ 無線指揮型  (プラモデル)

アーゼナル   1/35 AFV   No.35504   スケール:1/35

当店税込価格 ¥15,844 (メーカー希望小売価格 ¥15,844


< エース 1/72 ミリタリー ロシア エアロソン RF-8 GAZ-98K   アーゼナル 1/35 AFV ロシア ウアズ UAZ-452D 軍用トラック >

通販ガイド
通販のご利用方法の詳しくは、コチラより「ご利用ガイド」
関連商品
       
TOPページへ
AFV 飛行機ページへ 艦船ページへ 自動車ページへ バイクページへ ガンダムページへ キャラクターページへ ミニカーページへ その他ページへ
塗料ページへ 工具ページへ プラ材ページへ ケースページへ
書籍ページへ
メーカー一覧のページはこちら ICM IBG Avioni-X(アヴィオニクス) アオシマ アカデミー アズール アスカモデル アベール アルパイン イージーモデル イカロス出版 イタレリ ウインザー&ニュートン ウェーブ ウォーマスターズ エアテックス エアフィックス AFVクラブ amt エース FTF エフトイズ エブロ エレール オルファ
ガイアノーツ 紙でコロコロ キティホーク キネテック ガリレオ出版 グランドパワー グレートウォールホビー 月世 サテライトツールス ゲンブンマガジン ゴールドメダルモデルズ コトブキヤ
サイバーホビー さんけい みにちゅあーと GSIクレオス シールズモデル 静岡模型協同組合 シミラー(similR) シモムラアレック スイート(SWEET) スジボリ堂 スタジオ27・タブデザイン スペシャルホビー ズベズダ(Zvezda)
ダイオパーク(diopark) 大日本絵画 タブデザイン・スタジオ27 タミヤ ディン・ハオ 童友社 トキソモデル(toxso_model) トミーテック トムスモデル ドラゴン トランペッター
ハセガワ ハセガワ バロムモデル バンダイ パンダホビー ヒートペン(十和田技研・ブレインファクトリー) BEEMAX ピットロード ファインモールド funtec(ファンテック) フィニッシャーズ フォックスモデル(FOX MODELS) フクヤ フジミ プラッツ ブロンコモデル(Bronco Models) ペガサスホビー BELKITS ヘルパ(herpa) ホーガンウイングス ポーラライツ ホビージャパン ホビーベース ホビーボス ホビーマスター
マコ マスターボックス マツオカステン ミニアート ミネシマ ミラージュホビー ミラーモデルズ メビウス メリットインターナショナル モデラーズ モデルアート モデルカステン モノクローム モノポスト モンモデル(MENG MODEL)
ユニモデル ユニモデル ライオンロア(LionRoar) らいとすたっふ ラウペンモデル リッチモデル レベル ローデン



エムズレーダー エムズミーティング

店舗ご案内 通販のご案内 送料について 通販法の表示
AFV 飛行機 艦船 自動車 バイク キャラクター ガンダム 塗料 工具 資材 ケース 書籍
TOP 通販のご利用方法
送料
通販法の表示
これまで見た商品 カートの中を見る 店舗案内