日本帝国陸軍 九五式軽戦車ハ号 (後期型) (プラモデル)

当店税込価格 ¥ 4,763 (メーカー希望小売価格 5,292



タグ: 95式軽戦車 後期型  95式軽戦車  95式軽戦車ハ号  95式軽戦車系列  WW2 日本軍の戦車  帝国陸軍  
日本帝国陸軍 九五式軽戦車ハ号 (後期型) プラモデル (サイバーホビー 1/35 AFV シリーズ (

「日本帝国陸軍 九五式軽戦車ハ号 (後期型) プラモデル (サイバーホビー 1/35 AFV シリーズ ('39~'45 シリーズ)  No.6770 )」です

●「日本帝国陸軍 九五式軽戦車ハ号 (後期型)」です

●太平洋戦争時における帝国陸軍の軽戦車「95式軽戦車」の「後期型」を1/35スケールで再現したプラスチックモデル組立キット

●高い機動性能により太平洋戦争の緒戦の勝利に貢献した「95式軽戦車」を再現、リベット構造の車体を持ち、小型の砲塔を搭載した特徴的なフォルムを再現した内容となっています

●サイバーホビー社製「日本帝国陸軍 九五式軽戦車ハ号 (初期型)」をベースとして、「後期型」車体を再現するために、車体前面パネル、フェンダーなどを新規パーツへと変更したバリエーションキットです
 ・ 「日本帝国陸軍 九五式軽戦車ハ号 (初期型)」と本キットの違いは、フェンダーの形状が直線的なタイプから前方が曲線状となったタイプへと変更、前部の牽引フックの基部の形状の変化、そして車体前部の帝国陸軍の星章の撤去などとなっています

【 「95式軽戦車」について 】


●1929年、帝国陸軍は純国産戦車として「89式中戦車」を制式化します

●しかし、この「89式中戦車」は、当初から中戦車として計画されたものではなく、元々は軽戦車として開発していたものが重量化によって中戦車に区分されたもので、帝国陸軍が戦車に求める機動性能には及びませんでした

●そこで、機動性能を重視した軽戦車の開発が1933年より開始され、翌年の1934年に試作車が完成、テストと追加試作を繰り返し、1936年に「95式軽戦車」として制式化されました
 ・ 試作車では車体形状が直線的でしたが、量産型からは側面が半球状に膨らんだ形状へと変更されています

●「95式軽戦車」は、主砲として「94式 37mm戦車砲」を装備、同砲は小口径ながら「89式中戦車」が装備していた「57mm戦車砲」よりも装甲貫通能力が高いのが特徴でした
●また、砲塔旋回はハンドル式で操作しましたが、砲の位置の微調整は砲手の肩当てにより行うことができ、その結果目標への追従能力も高いのが特徴となっています

●エンジンは120馬力のディーゼルエンジンを搭載、その最大速度は40km/hを誇り、当時の戦車としては優秀な機動力を持っていました
●しかし、装甲防御力は最大で装甲厚12mmにしか過ぎず、実質的には小火器の銃弾を防ぐ能力しかなく、その数値は列強国の装甲車レベルにも満たないものでした
 
●「95式軽戦車」は、当初フェンダーが直線的でしたが、「後期型」では履帯のラインに合わせて前方が曲線形状となったものへと変更されています

●太平洋戦争の開戦当時、帝国陸軍の戦車部隊は基本的に35両~50両程度の戦車で構成される戦車連隊が一つの部隊単位として編成されていました
●この戦車連隊は、1個中隊が「95式軽戦車」を装備、残りの2個もしくは3個中隊が「97式中戦車」を装備する部隊と、全ての中隊が「95式軽戦車」となる部隊(編成母体が騎兵連隊となった部隊が多い)が存在していました

●南方に進出した各戦車連隊は、歩兵部隊と連携して準備不足の連合軍を蹴散らし、空陸一体となった作戦により大きな進撃を行います
●その進撃の尖兵として活躍したのが機動性能に優れた「95式軽戦車」で、奇襲による攻撃により敵を撹乱、大きな戦果を挙げます
●南方の要地であるマレー半島の攻略には3個の戦車連隊が投入され、半島に沿って縦深防御陣地を構築していたイギリス軍をその機動力によって駆逐、その進撃速度は軍事的には驚異的なスピードで、まさしく日本版の電撃戦を彷彿させるものでした
●このマレー半島攻略において、「95式軽戦車」は、その機動力により終始戦闘の前面に立って活躍、信頼性の高い足周りとエンジンにより落伍車もなく、進撃を続けました
●ただし、対戦車砲を配置した一部の頑強な抵抗拠点によって大きな損害を受けることもあり、全軍の快進撃によって大きな問題とはなりませんでしたが、「95式軽戦車」の運命に暗雲の兆しが見られることになります

●太平洋戦争が中期に入ると、連合軍は反撃を開始、島嶼を中心として帝国陸海軍は防御へと移ります
●太平洋戦争中期では、「95式軽戦車」は戦車連隊だけではなく、師団直属の戦車隊(1個中隊規模)や帝国海軍の陸戦隊に配備されており、防御兵力として運用されました
●「95式軽戦車」が装備する「94式 37mm戦車砲」は、近距離であれば「M3軽戦車」に対抗できる能力を持っていましたが、「M4中戦車」に対しては無力に等しく、「95式軽戦車」は苦戦を強いられます
●ところが、国力の乏しい日本では戦闘機、艦艇の開発、建造に手一杯の状況であり、陸軍の戦車にまで手が回わらず、「95式軽戦車」の後継車両の開発は実質的には行われませんでした

●太平洋戦争開戦時には、その優秀さを誇示した「95式軽戦車」でしたが、この「95式軽戦車」の悲劇はそのままの仕様で戦争末期まで使用され続けたことで、終始不利のまま「95式軽戦車」は苦しい戦いを繰り広げることとなったのです

日本帝国陸軍 九五式軽戦車ハ号 (後期型)の商品画像

【 「日本帝国陸軍 九五式軽戦車ハ号 (後期型)」のキット内容について 】


●この帝国陸軍の軽戦車「95式軽戦車」の「後期型」を再現したプラスチックモデル組立キットです

●サイバーホビー社のディテール表現力と高い成型力により「95式軽戦車」の「後期型」を再現、実車のフォルムを捉えながらそのディテールが細かく表現されています

●車体や砲塔などはスライド式金型により一体成型となっており、側面部のリベットやピストルポートもシャープかつそのディテールの強弱も再現、日本戦車らしい細やかな構造が模型として実感できます

●パッケージ内にはディテール部分が一体成型されたパーツと、別パーツ化した2種類のパーツとが用意されており、ユーザーのスキルや表現したい状態により、使い分けて製作することが可能となっています


日本帝国陸軍 九五式軽戦車ハ号 (後期型)の商品画像

●「95式軽戦車 後期型」は、「砲塔」「車体上部前部」「車体上部後部」「車体下部」の4ブロックで構成されています

【 砲 塔 】
●砲塔の主要部分は一体成型となっており、表面上のリベットやピストルポートなどが強弱を付けた彫刻で再現、側面や上面の装甲板のラインも表現されています

●「94式 37mm戦車砲」の砲身は一体成型のパーツで再現、砲口部分が開口処理されています
 ・ 砲尾部分も砲身部に一体成型され、閉鎖器は開閉状態が選択できます
 ・ 砲尾部に装着される、照準器、肩当て、防危板、薬莢受けなどがパーツ化
 ・ 防危板、薬莢受けの形状が異なる2種のパーツが付属、選択して使用します

●防盾部分は、左右旋回が可能なパーツと固定式のパーツの2種類が付属、選択して使用します
 ・ 左右旋回が可能なパーツは、砲尾の肩当てにより砲の微調整が可能という同車の構造を表したものです
 ・ 両パーツ共に、防盾は完成後も上下可動式とすることが可能となっています

●砲塔は一体成型となっており、車長キューポラ、前面パネル、底板は別パーツです
 ・ ピストルポートを再現したエッチングパーツが付属、砲塔パーツにモールドされたピストルポートとエッチングパーツとを選択できます
 ・ 後部の視察ハッチは、裏側のディテールが一体成型されたパーツと、ディテールが別パーツとなったパーツが用意されており、選択して使用します
 ・ 視察ハッチは開閉状態が選択できます

●車長キューポラは一体成型となっており、周囲の視察スリットがモールドされています
 ・ 車長ハッチは裏側のディテールが一体成型されたパーツと、ディテールが別パーツとなったパーツが用意されており、選択して使用します
 ・ 車長ハッチは開閉状態が選択できます

●後部の機銃は、放熱筒と機関部が一体成型され、照準装置は別パーツです
 ・ 機銃口が開口処理されており、銃身先端部もモールドにて再現
 ・ スライド式金型により放熱筒部分の上下左右、下部の放熱口が開口処理されています
 ・ 機銃マウントは照準口が開いた状態と、閉じた状態の2種類が付属、選択して使用します
 ・ 機銃マウントは、左右上下に可動します

日本帝国陸軍 九五式軽戦車ハ号 (後期型)の商品画像

【 車体上部前部 】
●車体上部前部は、上部パネルと左右のフェンダーの3パーツで構成され、各パーツの表面にはリベットなどがモールドされています
 ・ フェンダー側面のリベットも表現
 ・ フェンダー下部の泥除けフラップはエッチングパーツにて再現
 ・ 前照灯は前後分割式で、前部はクリアーパーツとなっています

●上部パネル上の銘板はエッチングパーツにて再現、1枚物のタイプと2枚物のタイプとを選択できます

●前部の点検ハッチは、開閉レバーが別パーツとなったパーツと、一体成型されたパーツとが付属しており、選択して使用します

日本帝国陸軍 九五式軽戦車ハ号 (後期型)の商品画像

【 車体上部後部 】
●車体上部後部は一体成型となっており、各部のリベット、ピストルポート、溶接跡などがシャープに彫刻されています
 ・ 後面パネルは別パーツで、給油口部分が一体成型されたパーツと別となったパーツが用意され、選択して使用します
 ・ 操縦手ハッチ、後部の各点検ハッチは別パーツで、開閉状態が選択できます
 ・ ピストルポートを再現したエッチングパーツが付属、車体パーツにモールドされたピストルポートとエッチングパーツとを選択できます

●操縦手ハッチは一体成型となっており、内部の視察用の防弾ガラスはクリアーパーツです
 ・ ハッチは、前部の視察用の小ハッチが一体成型されたパーツと、別となったパーツ(小ハッチはクリアーパーツ)とが用意され、選択して使用します
 ・ ハッチのアーム部分はエッチングパーツです

●前方機銃は、放熱筒と機関部が一体成型され、照準装置は別パーツです
 ・ 機銃口が開口処理されており、銃身先端部もモールドにて再現
 ・ スライド式金型により放熱筒部分の上下左右、下部の放熱口が開口処理されています
 ・ 機銃マウントは照準口が開いた状態と、閉じた状態の2種類が付属、選択して使用します
 ・ 機銃マウントは、左右上下に可動します

●ルーバー状となった点検ハッチの裏側のメッシュを再現するエッチングパーツが付属しています

●排気管は前後方向に5分割式で、排気管カバーはエッチングパーツです
 ・ 排気管は、周囲にフレームが付くタイプと、フレームの無いタイプとが付属、選択して使用します
 ・ 排気管先端部は開口処理されています

●側面のフェンダーは1パーツで再現されています

●車載工具類は固定具が一体成型され、ジャッキは4パーツで構成

日本帝国陸軍 九五式軽戦車ハ号 (後期型)の商品画像

【 車体下部 】
●車体下部は、バスタブ式に一体成型となっており、各部のリベット、パネル構造が深めの彫刻で表現されています
 ・ 前面パネルは別パーツです
 ・ 後部のナンバープレートはプラパーツとエッチングパーツとを選択できます
 ・ 牽引ワイヤーは、プラパーツにて再現、ワイヤー本体は中央部の固定具に一体成型され、先端のアイの部分は別パーツです
 ・ 尾灯はクリアーパーツです

●サスペンションアームは車体とは別パーツとなっており、中央に延びる緩衝アームを接続させて車体に取り付けます
 ・ 転輪は左右方向に3分割式で、ボギー部分の基部にリング状のエッチングパーツを2枚重ねて装着させます
 ・ 起動輪、誘導輪は左右分割式で、ハブキャップは別パーツです
 ・ デファレンシャルカバーには表面部のボルトがモールドされています

【 履 帯 】
●履帯は、接着及び塗装が可能な素材によるベルト式履帯が付属しています
 ・ センターガイドの肉抜き穴が開口処理されています


●操縦手ハッチの防弾ガラス、前照灯の前部、尾灯などを再現するクリアーパーツが付属
●排気管カバー、フェンダーの泥除け、ルーバー部のメッシュなどを再現するエッチングパーツが付属しています


【 塗装とマーキング 】
●「95式軽戦車 後期型」のマーキングとして、帝国陸軍仕様となる4種類の塗装例が説明書に記載されています
 ・ 戦車第14連隊 (ペリリュー / 1944年)
 ・ 戦車第14連隊 (ペリリュー / 1944年)
 ・ 戦車第14連隊 第3中隊 (マラヤ / 1944年)
 ・ 戦車第9連隊 第1中隊 (グアム / 1944年)

●説明書の塗装例に基づく、部隊マーク、車両名、車体番号、ナンバープレートなどを再現したデカールが付属しています


●2014年 一部新金型
日本帝国陸軍 九五式軽戦車ハ号 (後期型) プラモデル (サイバーホビー 1/35 AFV シリーズ ('39~'45 シリーズ) No.6770) 商品画像_1 日本帝国陸軍 九五式軽戦車ハ号 (後期型) プラモデル (サイバーホビー 1/35 AFV シリーズ ('39~'45 シリーズ) No.6770) 商品画像_2 日本帝国陸軍 九五式軽戦車ハ号 (後期型) プラモデル (サイバーホビー 1/35 AFV シリーズ ('39~'45 シリーズ) No.6770) 商品画像_3 日本帝国陸軍 九五式軽戦車ハ号 (後期型) プラモデル (サイバーホビー 1/35 AFV シリーズ ('39~'45 シリーズ) No.6770) 商品画像_4

日本帝国陸軍 九五式軽戦車ハ号 (後期型)  (プラモデル)

当店税込価格 ¥4,763 (メーカー希望小売価格 ¥4,763


< サイバーホビー 1/700 Modern Sea Power Series アメリカ海軍 原子力空母 U.S.S.エンタープライズCVN-65 (1969年)   サイバーホビー 1/35 AFV シリーズ ('39~'45 シリーズ) T34-747(r)STZ Mod.1942年 後期生産型 >

通販ガイド
通販のご利用方法の詳しくは、コチラより「ご利用ガイド」
関連商品
       
ご一緒にどうぞ
日本帝国陸軍 九五式軽戦車 ハ号 (初期型) ディテールアップ用砲身

日本帝国陸軍 九五式軽戦車 ハ号 (初期型) ディテールアップ用砲身

 プラッツ  1/35 アクセサリーパーツ
¥923
日本帝国陸軍 95式軽戦車 ハ号 北満型

日本帝国陸軍 95式軽戦車 ハ号 北満型

 サイバーホビー  1/35 AFV シリーズ ('39~'45 シリーズ)
¥4,276
日本陸軍 95式軽戦車 ハ号 北満型 w/日本戦車兵(防寒装備)

日本陸軍 95式軽戦車 ハ号 北満型 w/日本戦車兵(防寒装備)

 サイバーホビー  1/35 AFV シリーズ ('39~'45 シリーズ)
¥5,248
日本帝国陸軍 九五式軽戦車 ハ号 北満型 アルミ製砲身付属

日本帝国陸軍 九五式軽戦車 ハ号 北満型 アルミ製砲身付属

 サイバーホビー  1/35 AFV シリーズ ('39~'45 シリーズ)
¥5,054
4号戦車 D型 w/5cm KwK L/60搭載型

4号戦車 D型 w/5cm KwK L/60搭載型

 サイバーホビー  1/35 AFV シリーズ ('39~'45 シリーズ)
¥6,998
タイガー 1 H2型

タイガー 1 H2型

 サイバーホビー  1/35 AFV シリーズ ('39~'45 シリーズ)
¥6,609
ドイツ 3号戦車 (FL)M型 火炎放射戦車 w/シュルツェン

ドイツ 3号戦車 (FL)M型 火炎放射戦車 w/シュルツェン

 サイバーホビー  1/35 AFV シリーズ ('39~'45 シリーズ)
¥6,415
ドイツ Sd.Kfz.165 フンメル-ヴェスペ

ドイツ Sd.Kfz.165 フンメル-ヴェスペ

 サイバーホビー  1/35 AFV シリーズ ('39~'45 シリーズ)
¥6,609
ドイツ Sd.Kfz.251/17 Ausf.C 対空自走砲/コマンドバージョン (2in1)

ドイツ Sd.Kfz.251/17 Ausf.C 対空自走砲/コマンドバージョン (2in1)

 サイバーホビー  1/35 AFV シリーズ ('39~'45 シリーズ)
¥6,123
ソビエト ISU-152-2 155mm BL-10

ソビエト ISU-152-2 155mm BL-10

 サイバーホビー  1/35 AFV シリーズ ('39~'45 シリーズ)
¥5,443
ドイツ Sd.Kfz.7 8トンハーフトラック 1943年生産型

ドイツ Sd.Kfz.7 8トンハーフトラック 1943年生産型

 サイバーホビー  1/35 AFV シリーズ ('39~'45 シリーズ)
¥5,637
カナダ陸軍 セクストン 2 後期生産型

カナダ陸軍 セクストン 2 後期生産型

 サイバーホビー  1/35 AFV シリーズ ('39~'45 シリーズ)
¥5,637
ドイツ 3号 着弾観測戦車

ドイツ 3号 着弾観測戦車

 サイバーホビー  1/35 AFV シリーズ ('39~'45 シリーズ)
¥5,637
ドイツ 3号指揮戦車J型 w/シュルツェン

ドイツ 3号指揮戦車J型 w/シュルツェン

 サイバーホビー  1/35 AFV シリーズ ('39~'45 シリーズ)
¥5,734
ドイツ 3号突撃砲 G型 1943年5月生産型 w/シュルツェン

ドイツ 3号突撃砲 G型 1943年5月生産型 w/シュルツェン

 サイバーホビー  1/35 AFV シリーズ ('39~'45 シリーズ)
¥5,443
TOPページへ
AFV 飛行機ページへ 艦船ページへ 自動車ページへ バイクページへ ガンダムページへ キャラクターページへ ミニカーページへ その他ページへ
塗料ページへ 工具ページへ プラ材ページへ ケースページへ
書籍ページへ
メーカー一覧のページはこちら ICM IBG Avioni-X(アヴィオニクス) アオシマ アカデミー アズール アスカモデル アベール アルパイン イージーモデル イカロス出版 イタレリ ウインザー&ニュートン ウェーブ ウォーマスターズ エアテックス エアフィックス AFVクラブ amt エース FTF エフトイズ エブロ エレール オルファ
ガイアノーツ 紙でコロコロ キティホーク キネテック ガリレオ出版 グランドパワー グレートウォールホビー 月世 サテライトツールス ゲンブンマガジン ゴールドメダルモデルズ コトブキヤ
サイバーホビー さんけい みにちゅあーと GSIクレオス シールズモデル 静岡模型協同組合 シミラー(similR) シモムラアレック スイート(SWEET) スジボリ堂 スタジオ27・タブデザイン スペシャルホビー ズベズダ(Zvezda)
ダイオパーク(diopark) 大日本絵画 タブデザイン・スタジオ27 タミヤ ディン・ハオ 童友社 トキソモデル(toxso_model) トミーテック トムスモデル ドラゴン トランペッター
ハセガワ ハセガワ バロムモデル バンダイ パンダホビー ヒートペン(十和田技研・ブレインファクトリー) BEEMAX ピットロード ファインモールド funtec(ファンテック) フィニッシャーズ フォックスモデル(FOX MODELS) フクヤ フジミ プラッツ ブロンコモデル(Bronco Models) ペガサスホビー BELKITS ヘルパ(herpa) ホーガンウイングス ポーラライツ ホビージャパン ホビーベース ホビーボス ホビーマスター
マコ マスターボックス マツオカステン ミニアート ミネシマ ミラージュホビー ミラーモデルズ メビウス メリットインターナショナル モデラーズ モデルアート モデルカステン モノクローム モノポスト モンモデル(MENG MODEL)
ユニモデル ユニモデル ライオンロア(LionRoar) らいとすたっふ ラウペンモデル リッチモデル レベル ローデン



エムズレーダー エムズミーティング

店舗ご案内 通販のご案内 送料について 通販法の表示
AFV 飛行機 艦船 自動車 バイク キャラクター ガンダム 塗料 工具 資材 ケース 書籍
TOP 通販のご利用方法
送料
通販法の表示
これまで見た商品 カートの中を見る 店舗案内